勘違いは危険?疲れ目とは違う眼精疲労とは

目のさまざまな不快症状で悩んでる人は多いのではないでしょうか。実は私もそんな目に悩みを抱える一人。パソコンやスマートフォンを使用することは仕事上、そして私生活においても避けられることではないと悟り、好きなだけ使っていたら、気になる症状が次々に現れるようになりました。
01

このままではいけないと思い、色々と調べ始めると、さらにその症状は進行し、日常生活にも影響が。どうやら私の症状は眼精疲労というものでした。眼精疲労とはその名の通り目の疲れですが、俗に言う疲れ目とは何か意味が違うのでしょうか。眼精疲労の定義とは?それはその進行状況とレベル。疲れ目が軽度の疲労であるとするならば、眼精疲労は重度の疲労だと言われていることが分かりました。このふたつの症状は、段階を踏んで進行するようです。一般的に言われる疲れ目症状とはこのようなものが挙げられます。

  • 目の奥がずっしりと痛い
  • 目がチカチカする
  • 目がショボショボする
  • 目がかすむ
  • ぼやけて見えたり二重に見える
  • まぶたが痙攣する
  • 視界が欠けて見える

眼精疲労と疲れ目の違いとは?

このような症状が代表的な疲れ目の症状だと言われています。眼精疲労はこのような疲れ目の症状に加え、肩こりや頭痛、吐き気などの全身の症状がプラスされます。全身のバランスが崩れることで、自律神経のバランスも崩壊。そのため、不眠になったり軽いうつ症状なども現れる場合もあるそう。
02
眼精疲労と疲れ目の違いはそれだけに限りません。通常の疲れ目は一日しっかりと眠ることで解消されるんだそうです。ですが眼精疲労にまで進行すると、一日しっかりと休んだとしてもその症状は一向に解消することがありません。私自身もそれらの症状が慢性化していたため、眼精疲労ではないかと確信したのです。疲れ目が進化したものが眼精疲労のため、できるだけ早めに改善の行動を起こすことが大切です。

眼精疲労はどうして起こるのか

眼精疲労を解消するうえで、一番知っておかなければならないのはその目メカニズムです。そしてどのようなことが原因で、それによって眼精疲労が起こるのかを知ることで、眼精疲労解消への近道になるのではないかと考えました。まずは眼精疲労の原因はこのようなことが考えられます。

  • パソコンやスマートフォン、テレビなどにより長時間にわたり目を酷使している
  • 近視や乱視ı
  • 老眼
  • 白内障などの眼病によるもの
  • メガネやコンタクトレンズなどの視力矯正機器が合っていない
  • 体の不調
  • 精神的なストレスなどメンタル面の影響

03

ではこれらの原因によって、目にはどのような現象が起きるのか、眼精疲労になる理由とは何のかを見ていきましょう。眼精疲労の症状とはこのようなものが挙げられます。

  • 目の乾きがひどいドライアイの症状
  • 目の痛み
  • 目の充血
  • 視力の低下
  • 肩こりや頭痛
  • 吐き気やめまい
  • 食欲不振
  • うつ症状の現れ

疲れ目症状に比べ、重い症状が見てとれます。このような眼精疲労の症状は、目のどのようなメカニズム、仕組みによって現れるのでしょうか。それは、目のピント機能の不具合によるものが大きいと考えられています。目は遠くものを見た後に近くもものを見る時、またはその逆の場合、ピントを素早く調節することによってはっきりとした視界を私達に提供してくれています。その調節機能が乱れることで、ぼやけたり二重に見えたりする不具合が現れ始めるのです。目にはさまざまな部位が連携して動いていますが、中でもレンズの役割を担っている水晶体と、水晶体をコントロールする働きを持っている毛様体筋が要となっています。

・遠くを見る時・・・毛様体筋が伸び水晶体を薄くする
・近くを見る時・・・毛様体筋が収縮し水晶体を厚くする

このように水晶体の伸び縮みによって目のピント調節が行われているわけですが、毛様体筋は筋肉です。そのため肩こりと同じように、血流が悪くなったり長時間の緊張状態が続くとコリが生じてきます。そうすると毛様体筋がスムーズに動かなくなり、目にはさまざまな症状が現れ始めます。これは眼精疲労のメカニズムです。

眼精疲労を解消するためのセルフケア

あまりにも症状は重い場合は眼科を受診する必要がありますが、まずは自分が出来ることから始めることが大切です。眼精疲労の治療を受けても、それを繰り返してしまうような生活をしていれば改善はきびしく、ますます症状を悪化させてしまうだけだからです。この症状を解消するためには、まずは自分が変わるべきだと一念発起し、さまざまな生活環境の改善に努めてみました。私が気をつけたことはこれらのこと。

  • スマートフォンやパソコンは休憩をはさみながら使用する
  • パソコンの設置位置に気を付ける
  • 夜眠る前にスマートフォンをベッドの中に持ちこまない
  • きちんと睡眠を取る
  • 食生活の改善
  • サプリメントの摂取
  • 目及び体全体のマッサージやストレッチ
  • 蒸しタオルで目を温め血行促進
  • 適度な運動を取り入れる

目だけに限らず、体全体の健康やバランスにも気を配ることが重要だと感じました。目に栄養を届けられるよう、生活環境や食生活にも気を付けるとさらに効果がアップします。私は視力が悪くないためメガネやコンタクトレンズは使っていませんが、使っている人はメガネやコンタクトレンズが自分にきちんと合っているかのチェックも行うことをおすすめします。