年代別眼精疲労の原因と対策

眼精疲労の原因は筋肉のコリや血流が悪くなることなどが挙げられますが、実はその他にもさまざまな理由があります。それは年代によって生活環境や体の機能などに違いが出てくるから。年代別の眼精疲労の原因、そして改善豊富などを見ていきましょう。

子どもの眼精疲労の原因と対策

子どもに眼精疲労の症状が現れることなどないため心配することはないと思っている人がいるとすればそれは間違いです。 子どもの眼精疲労はここ最近とても多いものになりました。 それはやはり、現代の子どもの生活環境の変化によるものだと言わざるを得ません。

子どもの頃からスマートフォンやパソコンはもちろん、テレビを長時間見ることが当たり前の時代。 また進化したゲームに熱中。どこへ行くにもゲーム機持参の子どもも多いのではないでしょうか。 そうした背景により、子どもにも眼精疲労の症状が現れ始めました。 ですが、まだ子どものためその症状に気付きにくく、そして保護者にうまく伝えることができません。

そのため、どのような症状が出るのか細かいことが分かりにくくなってしまいます。 子どもの眼精疲労は、親御さんが注意して観察してあげなければなりません。 例えば黒板の字が見えにくいとか、視力検査で視力が低下したなどがないかチェックし、もしあるのならば早めの受診をおすすめします。 きちんと矯正してあげなければさらに進行してしまう危険性があるからです。

なぜなら子どもの症状はまだ不安定。 良く現れるのは眼精疲労によって近視の症状が出るもの。子どもに最も多いと言われていますが、 何らかの病気によるものを除けば、そのほとんどが単純近視と呼ばれるもの。 単純近視は体とともに成長する目の構造のバランスが一時的に崩れてしまうものです。 まだ症状の軽いものは真正近視になる前の仮性近視の段階。

仮性近視の段階できちんと矯正したり改善したりしてあげれば、進行を抑制することができるのです。 改善策として、まずはきちんと病院で診察を受けること。 そして、生活環境も一緒に変化させることです。

テレビゲームは時間を決め、その合間にこまめに休憩を取る
正しい姿勢で勉強や読書をする
部屋は明るく
最低でもパソコンや本などから30cm以上離す
たっぷりと睡眠を取る

このようなことに気を付けながら専門医の指導を受けるようにすることがおすすめであり、またとても効果的です。

10代・20代スマホ世代の眼精疲労の原因と対策

10代・20代の大学生世代は、まさにスマホ世代と呼ばれる世代。 物ごころ付いた時から携帯電話があり、当たり前のように接してきた世代です。 パソコンやテレビゲームなど、電子機器に長時間触れることが多く、スマートフォンがないと不安になってしまうスマホ依存の若者も少なくありません。 そのため目を酷使することが多く、疲れ目や眼精疲労の症状が現れています。

まだ若い人でもこのような症状が多く見られるのは、間違いなくスマートフォンやテレビゲームに依存した生活環境にあると考えられています。 暇さえあればスマートフォンを触り、ベッドの中にまで持ちこむという生活では、眼精疲労になって当然だと言えるでしょう。 このスマホ世代は、まずスマートフォンの使用方法を見直すことが大切。

長時間使用しない
長時間しようしなければならない場合は休憩をとる
ブルーライトカットアプリなどの便利アイテムの活用
十分な睡眠

長時間のスマートフォンやパソコンの使用は、目のレンズの役割を担っている水晶体を支える筋肉、毛様体筋を緊張させます。緊張状態に陥った毛様体筋は血行不良やコリを発症。そのため眼精疲労の症状が現れるのです。毛様体筋をしっかりとほぐすことが大切。コリほぐし用目薬などの活用もおすすめです。

30代・40代機能の衰えが気になり始めた世代の眼精疲労の原因と対策

30代〜40代は、まさに働き盛りの世代。仕事ものっており、毎日仕事漬けという人も多いのではないでしょうか。 毎日オフィスでさまざまな電子機器から出るブルーライトを浴びているはず。 ブルーライトは紫外線に一番近い青色の可視光線であり、目の奥深くまで届き網膜や角膜などを知らず知らずのうちに傷つけている注意すべき光。

今30代である私もまさにこの状態。 できるだけブルーライトを浴びないように、そしてカットできるようなアイテムを使い防いでいます。 パソコンにブルーライトカットフィルムを張り、パソコン設定から青色をトーンダウン。 疲れてきたら眼精疲労に効果的なツボ押し、自宅に戻ったら眠る前にホットマスクで血行促進と対策はばっちり。 アントシアニンやルティン配合のサプリメントを活用するのもおすすめです。

50代以上シニア世代の眼精疲労の原因と対策

50代以上になると老眼と言われる症状が現れはじめます。 眼精疲労は目の水晶体を支えている毛様体筋の働きがスムーズに行われないことによって起こるものですが、 その原因は目の酷使。筋肉のコリが原因だと言われています。 ですが老眼の原因は、年齢を重ねた事によるさまざまな機能の劣化。 そのため、機能を回復、または維持するための対策を行う必要があります。

栄養が届きやすくするための運動
筋肉をしっかりと維持するための目ストレッチ
老眼用メガネ
老眼専用目薬の使用

老眼は40代後半くらいから始まるのが一般的だと言われていますが、人それぞれであり、 もっと若くても老眼を発症する人は多くいます。 症状に心当たりがあれば早めに眼科を受診し、自分に合った治療を行うことをおすすめします。

大切な命を育むプレママ世代

お腹に大切な命を宿している妊娠中の女性だからこと、色々なことが気になります。 妊娠中は、体のさまざまな部分が無理をし、かなりの負担がかかっています。 血行は悪くなり眼精疲労の症状も出やすくなります。 眼精疲労が引き起こすさまざまな症状は、子宮収縮につながるとの説もあるため気をつけたいところです。 大切なことは、自己判断で市販の薬を使わないこと。目薬であっても同じことです。 どのような成分がどのように影響を与えるのか分からないため、専門医や産婦人科医に相談することをおすすめします。 また産婦人科が開催しているマタニティビクスなどで正しいストレッチ方法を学び、無理なく血行促進ができるようにしておくと良いでしょう。