マッサージ・ヘッドスパ・エステ・整体での眼精疲労ケア比較

マッサージ・ヘッドスパ・エステ・整体での眼精疲労ケア比較

治療というと少し大げさに感じるという人は、自分の身近にあるさまざまな施設に注目してみると良いかもしれません。つらい眼精疲労の症状を和らげる処置をしてくれるところは案外豊富。どのような場所があり、病院とはどう違うのかを比較してみましょう。

マッサージ

マッサージとひとことで言ってもさまざまなジャンルや店、サロンがあります。10分や15分程度のクイックマッサージ店やリラックス効果を目的としてリラクゼーションサロンなど種類も豊富。ですが、眼精疲労の解消を目的とするならば、治癒効果の高いマッサージを受ける必要があります。

おすすめしたいのは、今人気のリラクゼーションスペース「ラフィネ」。ラフィネは、ボディケア、リフレクソロジー、ハンドリフレクソロジー、ヘッドショルダーなどのコースに分かれており、技術研究や接客研修を受けたセラピストが、心と体のコリをほぐしてくれるそんなサロンです。

セラピストは厳しい技術試験にクリアし、厚生労働大臣認可組合の公認セラピストとして認定を受けた者ばかりで確かな技術。なかでも、フェイスセラピーコースが眼精疲労に悩む人にとっておすすめの施術です。パソコンやスマートフォンを使い目が疲れている人にぜひ受けてほしいというこのコース。顔にあるツボや筋肉をほぐし、目の疲れやくすみを取ってくれます。ストレスを感じている人にもおすすめ。リラックス効果としフレッシュ効果をあわせ持った充実の内容。15分コース1620円。30分コースで3240円です。

病院と違い保険が使えませんので、少し割高と言えるかもしれません。そして、さらに少しでも即効性を求めたいという人は、国家資格を持つマッサージ師のいるマッサージサロンを選ぶといいでしょう。それは鍼灸師や柔道整復師と同じく、あん摩マッサージ師という資格。3年間の勉強の後国家試験を受け、合格すると手にいれることのできる資格です。マッサージサロンは資格がなくても開業することはできますが、資格を持っているマッサージ師が安心です。

通常のマッサージは皮膚を直接刺激しリンパの流れを良くすることで不快症状を軽減させるものですが、あん摩は通常のマッサージとは違い、東洋医学に基づいたもので、気や血が流れる経絡の詰まりや乱れを調整していく施術方法です。そのため、眼精疲労の改善にもこれらの特徴を活かしてケアしていきます。保険適用がされる場合とそうでない場合もあり、適用されない場合の費用は平均して3000円代程度。

ヘッドスパ

ヘッドスパは頭皮のクレンジング、髪のケア、そしてマッサージ効果のある施術方法で、リラックス効果やリフレッシュ効果が期待できます。ヘッドスパは美容院やヘッドスパ専門店で行うことができ、色々な種類のヘッドスパから自分に合ったタイプを選ぶことができます。炭酸スパ、アーユルベーダスパ、頭蓋骨矯正スパ、クリームスパ、スカルプケアスパなどその種類も豊富。

ヘッドスパには美髪効果・育毛効果・リフレッシュ効果・リラクゼーション効果がありますが、なかでも高いリフレッシュ効果により、眼精疲労と眼精疲労からくるさまざまな不快症状を軽減させることができるとして、とても人気のケア方法です。ヘッドスパ専用のシャンプーを使い汚れをしっかりと落としたら、マッサージ開始。

頑固な筋肉のコリをほぐして血液循環を良くし、リンパの流れをスムーズにします。不要な老廃物が排出された体は、自律神経のバランスが整い爽快な気分。ヘッドスパのなかでも、眼精疲労の症状におすすめなのがクリームスパと呼ばれるもの。栄養たっぷりのクリームを塗り、頭皮、頭、首、肩と上半身をしっかりとマッサージしていきます。ヘッドスパだけなら資格はいりませんが、民間団体や協会の資格を持っている人も多いようです。美容院での施術であれば、美容師資格を持った美容師さんが施術にあたってくれるでしょう。当然保険の適用はありませんので、5000円くらいから高ければ20000円程度かかる場合もあります。

エステ

エステはエステてティックサロンのことで、専門学校や通信教育などで勉強をし、試験を受けて合格して認定免許を持ったエステティシャンが施術を行うサロンのこと。眼精疲労に効果的だと言われるのはエステサロンで行われるフェイシャルエステ。顔から首、デコルテ、腕のリンパの流れを良くし眼精疲労を解消することができます。メンズエステにもこの眼精疲労解消フェイシャルがあり、とても人気。値段は決して安くはなく、10000円以上はかかると思っておいたほうが良いと思います。ただし、エステの場合、初回お試しコースが設定されているサロンが多いため、一度試して効果を確認してから、そのコースを受けるかどうかを決めることができるため安心です。

整体

整体というと、整骨院や鍼灸院と同じように考える人も多いと思いますが、実は違うもの。整骨院は柔道整復師という国家資格を持った資格保有者による施術、鍼灸院は鍼灸師というこれまた国家資格を持った資格保有者による施術。整体院は整体師という資格を持った者が施術を行いますが、整体師の資格は国家資格ではありません。さまざまな知識や技術は学びますが、あくまで民間資格であることは覚えておいた方がいいでしょう。整骨院や鍼灸院は保険が適用されることが多いですが、整体院は保険の適用はできません。

そのため、1回3000円から高ければ10000円近くかかることもあります。鍼灸院はツボに針を刺す鍼治療を行ったり、お灸を置く治療方法ですが、整体院は骨格の歪みや筋肉のコリをほぐし、自然治癒力を高めることを目的とした治療を行います。本来持っている力を呼び戻すといった意味では、整骨院などと同じような意味合いを持っているかもしれません。

整体はさまざまな療法を組み合わせ独自に進化していったものですので、色々なカラーを持っていてもおかしくはないと言えるでしょう。最近では円皮鍼(えんぴしん)という小さな針が付いたシール型のパッチが人気。長時間体内に針を刺したままでいられるというものです。この円皮鍼を施術に使う整体院もあります。この円皮鍼は個人でも購入可能なものなので、自宅でも簡単に貼って治療することができます。